弁護士と慰謝料請求

交通事故に遭った場合の慰謝料は3つの基準で決められます。この3つの内訳は自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。そして弁護士基準が最も高額な慰謝料を獲得できるのが大きいといえます。保険会社や加害者はいってみれば敵です。自分らに都合の良い金額を提示、妥当な金額とはかけ離れている場合も少なくありません。

例えば、示談自体は一時的なものであるものの、後遺症が残ってしまった場合はその被害は一生つきまとうのはいうまでもないでしょう。しかし、示談が成立してしまうと仮に後遺症が残った場合でも加害者や保険会社は何もしてはくれません。だからこそ、必要なことは全て主張していくべきです。

主張すべき内容に漏れがないようにするのは被害者だけでは至難の業といえます。専門家である弁護士がサポートすることで、慰謝料の妥当な増額が行えるのが事実です。法律に関する専門的な知識を持っていないことをいいことに、とにかく示談で解決しようとする場合もない訳ではありません。

慰謝料請求でどれぐらいの上積みがあるかはそのとき次第であるものの、金額低いことが理由で泣き寝入りすることはなくなっていくでしょう。これが弁護士に依頼すべき最も大きな理由といえます。